”切らずに治す”内痔核注射療法で
全国トップクラスの実績

くにもと病院

  1. TOP > 
  2. 当院について > 
  3. 看護部 > 
  4. 看護部の特徴

その他

看護部の特徴

肛門科専門病院としての看護の実践

地域NO.1の治療実績を誇る『くにもと病院』の看護を学ぶことができます。
接遇や患者満足に向けた働きかけ、患者との信頼度を確認できる看護が経験できます。

大腸がんの早期発見とがん化学療法への積極的な取り組み

旭川医科大学との密接な連携により、大腸がん症例等についても多くの実績を積んでいます。
がん手術後の化学療法・疼痛緩和・終末期看護を含めたがん患者に対する看護ケアを学ぶことができます。

一般内科・高齢患者における看護の実践

急性期及び回復期から在宅支援までの各段階の看護展開を学習することで、看護ケアの基本を習得することができます。

  • 身体的ケアが必要な患者が多く、基礎看護技術を習得することができます。
  • 総合病院から急性期を脱した患者の紹介を受け、リハビリやADLの拡大を目指した看護が習得できます。
  • 退院調整に関わることにより、社会的な視点で患者を捉え、チーム医療を学ぶことができます。

目標管理の実践

年度初めに個人目標を設定し、各段階で自己評価・他者評価を基に個人面接を行い、個人の目標達成を支援しています。

看護計画の共有

患者及び家族の方へ看護計画の説明を行い、患者様の健康問題の解決に向け努力しています。

固定チームナーシングの導入

責任と継続性のある看護のために、病棟1単位を3チームに分ける「固定チームナーシング」の導入で適切な看護を提供しています。

  • Aチーム:内科、高齢患者の一般病床(地域包括ケア病床を含む21床)
  • Bチーム:がん化学療法患者、疼痛緩和、終末期患者を中心とした病床(20床)
  • Cチーム:肛門疾患患者を中心とした病床(20床)

看護記録「フォーカスチャーティング」の導入

日々の看護を系統的に記載する叙述的な経過記録です。

看護体制:変則二交替制

新人看護職員卒後臨床研修制度の導入

ガイドラインを基に、研修責任者・教育担当者・実地指導者との連携を密にし、新人に関わっています。

新人個々の状況に合わせた指導体制をとり、生涯看護師として職を全うする志を持てることを目的として取り組んでいます。

看護継続教育の充実

教育委員会を中心にクリニカルラダーによる育成的な教育プログラムを実施しています。
また、院外研修参加を病院として積極的に支援し、そこで習得した内容を病院全体の財産として、臨床の場で共有できるよう報告会や勉強会を実施しています。

≪院内研修≫(実施例)看護倫理、接遇、看護技術研修、クリニカルラダー別研修、コミュニケーションスキルアップ研修、看護必要度、現任教育、看護管理研修、医師を講師とした各疾患毎の勉強会、看護研究発表会、その他トピックス研修等

≪院外研修≫(参加例)がん看護、感染看護、老年看護、看護記録、看護研究、褥瘡ケア、リスクマネジメント、退院調整、看護管理、看護倫理、各種学会等

近隣の看護学校臨地実習の受け入れ

毎年、実習指導者講習会を受講をしています。実習しやすい環境を提供し、学生と一緒に成長を目指しています。

充実した看護計画

H28年度教育計画(月別).jpg

新人計画

HPH28年度教育プログラム(年間).jpg

メディア紹介のご案内

2017年11月24日 ライナーネットワーク

2017年12月11日

2017年11月24日 ライナーネットワーク

2017年11月24日 ライナーネットワークに 鉢呂副院長監修の「痔とは」の記事・・・

詳しく見る

ページトップに戻る



電話:0166-25-2241
FAX : 0166-23-1726
〒070-0061 旭川市曙1条7丁目2-1

Copyright (C) 2016 KUNIMOTO HOSPITAL .Rights Reserved.