平成28年度 くにもと 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 95 204 241 247 475 453 391 73
 肛門科を専門としている当院は、専門病院として質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。特に50~80台歳以上の患者さんの占める割合が6割を超え、加齢による肛門機能低下に伴い痔疾患が表れやすい年齢層の入院が多くなる傾向にあります。
 若年層はクローン病などの炎症性腸疾患に伴う治療が必要な患者さんが多くなっています。
 また在宅療養支援病院でもある当院は、地域の医療機関からの紹介で急性増悪、在宅復帰を目指す患者さんの入院も多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
肛門外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱 手術あり 408 9.92 10.15 0 57.97
060230xx97xxxx 肛門周囲膿瘍 手術あり 256 8.30 8.62 0 44.68
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 130 3.10 5.85 0 47.86
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 116 2.15 3.00 0 72.02
060260xx97xxxx 肛門狭窄、肛門裂溝 手術あり 69 3.64 7.33 0 54.62
 肛門外科の最も多い症例は「肛門脱・直腸粘膜脱」に対する手術のための入院で、全症例数の3割4分を占めています。
 また、症例数が2番目に多いのは肛門および直腸周囲膿瘍に対する手術のための入院となっています。平均年齢は45歳となっており、「肛門脱・直腸粘膜脱」より若い世代に多い疾患です。
 肛門疾患では3番目に内痔核に対する手術、5番目に肛門狭窄・裂溝に対する手術のための入院となっています。
 4番目には大腸疾患に対する内視鏡検査のための入院となっていますが、外来で検査することが難しい高齢者が多いため平均年齢が高くなっています。
胃腸内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 61 6.95 9.08 0 82.09
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 44 4.75 4.41 0 65.98
050050xx99001x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 32 30.00 11.23 0 89.08
01021xxxxx0x0x 認知症 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 28 10.96 13.60 0 84.13
060040xx99x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 6.38 9.45 0.55 71.13
 胃腸内科の最も多い症例は重症排便障害にみられる「糞便充塞」に対する治療のための入院となっています。平均年齢は82歳と高齢となっており、加齢に伴う大腸・肛門機能の低下や抗精神剤服用に対する副作用の影響もあります。
 また2番目に多い症例は直腸癌に対する「化学療法」治療のための入院となっています。
 3番目、4番目は高齢在宅患者の心疾患、認知症上の急性増悪に対する入院となっています。
 5番目の症例は当院で直腸癌にたいする手術、処置が無い入院で、手術前の全身精査入院や終末期の緩和療養等の患者さんとなっています。手術前の全身精査入院では手術のため高次病院へ直接転院されるケースがあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌 18 57 22 50 1 7
乳癌 10 1 7
肺癌 1 7
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院の肛門科・胃腸科では大腸癌の患者さんを多く診察しています。これは大腸癌の症状が痔疾患の症状と似ているため、痔疾患を疑い当院を受診し診断に至るケースが多いためです。残念ながら主訴である「便通異常・下血」の症状では、癌の病期分類は高くなることが多くⅢ期やⅣ期の患者さんの割合が高くなっています。高次病院で手術後に当院で化学療法治療を実施しています。
 UICC病期分類が不明に分類される症例については、癌初見時の検査入院に該当する患者さんが多くなっています。当該入院中の情報だけでは病期分類が確定できないことなどが理由として挙げられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
肛門外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(根治手術) 300 0.81 5.62 0 49.16
K7462 痔瘻根治手術(複雑) 109 1.69 11.17 0 42.25
K7522 肛門形成手術(直腸粘膜脱形成手術) 100 1.20 8.10 0 69.00
K737 直腸周囲膿瘍切開術 96 0.02 5.07 0 45.97
K744 裂肛根治手術 48 0.33 2.40 0 51.74
 肛門外科では「肛門脱」に対する脱肛根治手術の症例数が最も多くなっています。痔核に対して結紮切除(痔核の根元を縛り切除する)を行う手術です。
 2番目に多い症例は「痔瘻」に対する痔瘻根治術(複雑)で肛門括約筋形成を含む手術となるため術後日数が長くなっています。
 3番目に多い症例は「直腸粘膜脱」に対する直腸粘膜脱形成手術で高齢者に多い症例となっています。そのため術前日数も少し長くなっています。
 4番目に多い症例は「直腸周囲膿瘍」に対する直腸周囲膿瘍切開術で、膿瘍を切開排膿することで軽快するので外来で診断後即日入院手術となることが多い症例です。
 5番目に多い症例は「裂肛」に対する裂肛根治手術となっています。低侵襲性の手術のため当日入院手術となることが多い症例です。
胃腸内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K7434 痔核手術(根治手術)
K7522 肛門形成手術(直腸粘膜脱形成手術)
K749 肛門拡張術
K737 直腸周囲膿瘍切開術
 胃腸科で最も多い症例は「中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)」で、高齢在宅患者で経口摂取が出来ない患者に対して行われています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
更新履歴
2017.9.26
平成28年度 病院指標データ作成