その② 裂肛(れっこう:切れ痔)

裂肛(れっこう:切れ痔)とは、歯状線より下にある肛門上皮が切れた状態のことです。痛みが強く治りにくいため、悪化しやすいと言われています。
紙に付く程度の出血が特徴です。

症状

排便時に強い痛みと出血があります。
通常、出血はトイレットペーパーに付く程度、多くはありません。便が硬いと、痛みも強くなります。
男性よりも女性に多いのが特徴です。

原因

便秘の硬い便や、勢いよく下痢便が通過することで肛門上皮が切れてしまうことが、おもな原因です。

裂肛が女性に多いわけ

ダイエットなどで食事量を制限して便秘に悩む女性が多いことと関係があるとされています。無理なダイエットなどで食事量が少ないと便のかさが増えず、腸管が刺激されないため、便秘になりやすくなります。すると便が硬くなり、排泄されづらくなった便が無理やり肛門を通過する際に、肛門上皮が裂け、きれ痔になってしまうのです。

受付時間

【月~金曜日】
午前9時~11時30分/午後2時~午後4時
【土曜日】
午前9時~午前11時30分

お問い合わせ

医療法人健康会 くにもと病院
〒070-0034
北海道旭川市4条通5丁目 右1号
℡ 0166-25-2241(代)