肛門が痛い

おしりの痛みは肛門病のバロメーターです。
痛みの状況を教えてください。

  • 排便後も痛みが続く
  • 座っただけで痛い
  • おしりに硬いしこりがある
  • かゆみと痛みがある

排便時だけでなく排便後も痛みが続く

直腸炎・直腸ポリープの可能性があります。
直腸炎は腸の粘膜に炎症を起こした状態をいいます。粘血便や血便、腹痛などがみられ、排便の回数が多くなります。

直腸ポリープとは、直腸内にできた粘膜の隆起のことです。腺腫様ポリープと非腺腫様ポリープがあり、前者はがん化しやすいという特徴があります。

排便と関係なく座っただけで痛い

痔ろう・肛門周囲膿瘍の可能性があります。
ともに直腸、肛門部の感染症です。直腸、肛門周囲にうみがたまった段階を肛門周囲膿瘍といい、たまったうみが排出され、結果として直腸、肛門と交通のある難治性の管ができてしまうと痔瘻といいます。

⇒痔ろうは、こちらをご覧下さい。

肛門周囲膿瘍になってうみがたまると、39℃からひどい時は40℃以上の発熱となります。うみがたまった部分が腫脹(しゅちょう)し、皮膚表面が発赤する場合もあります。また、夜も寝ていられないほどの激しい痛みが生じます。 肛門周囲膿瘍では一刻も早く医師を受診し、切開排膿を受けることです。がまんしていたり、市販の鎮痛薬などでごまかしていてはいけません。うみを広げ、病気を進展させ複雑にしてしまいます。

おしりに硬いしこりがある

血栓性外痔核の可能性があります。
肛門の外痔核に血栓が生じて小さな塊を形成し、そのためにはれ、痛みを伴うようになる病気です。元来、痔の気のない人にも、突然発症することがあります。

急激にズキンズキンとした重苦しい鈍痛(どんつう)が生じ、力を入れようとしても肛門の痛みのために力が入らないこともあります。

肛門周囲には、青黒く透けてみえる、エンドウ豆大の丸い塊(血栓)が現れます。普通は1個ですが時には数個のこともあります。それが破けると血の塊が顔を出し、出血することもあります

かゆみと痛みがある

肛囲湿疹の可能性があります。
肛門周囲から臀部(でんぶ)にかけての皮膚に、炎症が生じ、むくみ、びらん、肥厚、色素沈着などを起したもので、かゆみを伴います。

下痢や肛門部の発汗、便の付着などで、本来弱酸性であるべき肛門皮膚の抵抗力が弱まり、炎症を起こしたものです。成人では下痢、長時間のドライブ、女性では腟炎、生理、幼児では肛門の手入れの不備などが原因で発生します。

症状に気付いたらまず肛門科専門医にご相談下さい。

受付時間

【月~金曜日】
午前9時~11時30分/午後2時~午後4時
【土曜日】
午前9時~午前11時30分

お問い合わせ

医療法人健康会 くにもと病院
〒070-0034
北海道旭川市4条通5丁目 右1号
℡ 0166-25-2241(代)