肛囲湿疹の可能性があります。

肛門周囲から臀部(でんぶ)にかけての皮膚に、炎症が生じ、むくみ、びらん、肥厚、色素沈着などを起したもので、かゆみを伴います。

下痢や肛門部の発汗、便の付着などで、本来弱酸性であるべき肛門皮膚の抵抗力が弱まり、炎症を起こしたものです。成人では下痢、長時間のドライブ、女性では腟炎、生理、幼児では肛門の手入れの不備などが原因で発生します。

症状に気付いたらまず肛門科専門医にご相談下さい。

受付時間

【月~金曜日】
午前9時~11時30分/午後2時~午後4時
【土曜日】
午前9時~午前11時30分

お問い合わせ

医療法人健康会 くにもと病院
〒070-0034
北海道旭川市4条通5丁目 右1号
℡ 0166-25-2241(代)